高齢の親と暮らすためのリフォーム

高齢の親と暮らすためのリフォーム

うちは立てて20年ほどになる一戸建て住宅です。
私の父や母も高齢になり心配の種も増えたので同居することになり、今のままでは年寄りの二人には住みにくい家なので少しでも二人に快適に生活してもらえるようにリフォームしました。
まずはバリアフリーにすることで段差のない安全な空間を作ることにしました。
私の父は車いすでの生活をしているので玄関から家へとあがるには段差が大きくとても一人では段差を超えることが出来ませんでした。
そこで導入したのが「段差解消機」でした。
段差解消機とはフロアが上昇し段差などの大きい場所でも車いすで登ることが出来る機械です。
この機械は購入すると非常に高額ですが、障碍者保険を適用することでお手ごろな金額でリースすることが可能だったので大変助かりました。
そして廊下の手すりやお風呂場、トイレなどにも手すりを設置しました。
これは車いすの父はもちろん、足の弱ってきている母親のことも考えての事です。
大幅な内装工事や地震対策なども行い金額的には決して安くはない額ですが、父や母の喜ぶ顔が見られる喜びといつか私たち夫婦も足腰が弱ってくるであろう事を考えると必要なリフォームであったのではないかと考えております。

リフォームを考えるタイミング

リフォームを考えるタイミングでは、やはり古くなった建物などでそろそろ手を加える必要がる所など、劇的に業者を雇った状況でリフォームを行う事がとても効果的であり、やはりコスト面の事も心配がある事で安くする方法としても、業者選びを慎重に行う事が重要となります。
そこで選ばれた業者による作業では、やはり工事に日程など日にちがある程度掛かる状況であり、その部分でもお部屋をやり替えたりする事はとても手間のかかる状況となります。
それでも生活を送る上でやはり住みやすい環境を作る事はとても大切な事であり、そこを踏まえて考えるとより良い条件で業者選びを行い、コストも出来るだけ下げてもらう事でやはり、作業工程を話し合って作業を行う事となります。
作業の間はやはりある程度迷惑をかける形となり、お部屋をやり替えたりする事はとても手間のかかる作業となります。
しかし古くなったお部屋が劇的に変化を遂げる事はとても素晴らしい事であり、そこでより良い形で生活を送る事が出来るリフォームをおこなってもらう事はとても素晴らしい事となります。
コストの面も文句無く行える事となれば、更に今後も生活を続ける上でとても便利な状況となります。

Valuable information

ステカのシート販売
http://hmfilm.shop-pro.jp/
簡単 ダイエット
http://hammer-diet.com/
wifiレンタル 国内
http://www.min-wifi.com/
有機ココナッツオイルを買うなら
http://www.cocoking.tokyo/
立て看板
https://signfun.net/
不用品回収 横浜
http://yokohama.tsuru-recycle.com/
電子タバコ
http://xn--tckxa5c423y2tzc9kec1n.jp/
牧草
http://www.rakuten.co.jp/extolevel/

Last update:2015/7/1


△トップへ